ホーム » 血液からの感染症にも要注意!

血液からの感染症にも要注意!

クリニックをはじめ、検診センターや大きな病院の入院病棟に勤務する看護師は、常に感染症のことを意識しなければなりません。医療機関を訪れる人すべてがウィルスを持っているわけではありませんが、「誰かが感染症であるかもしれない」という危機感を持って、常に手洗いやマスク着用を徹底しておく必要はあるでしょう。

感染症では、目に見えない原因菌が知らないうちに広がることがしばしばあります。また、看護師によって患者の間で広がることも十分に考えられます。看護師から患者への感染が起こった場合は、患者の基礎疾患と感染症によって、症状が重篤化するリスクが高まるので、そのような事態が起こらないように、看護師は特に気をつけなければなりません。

一般的に感染症対策といえば、飛沫感染を防ぐための手洗いやマスク着用などがなど中心になりますが、実は血液からの感染にも注意が必要です。医療現場で働く看護師は、採血や点滴を行うことが度々あるので、患者の血液が付着することは珍しくありません。そのため、処置を行う場合は、手袋を着用したり、大量の血液に触れる際には、エプロンや防護服を身につけましょう。

それから、注射器や針を使用するときには、針刺し事故がないようにしてください。針刺し事故はリキャップなどで起こる可能性があり、業務が忙しく、集中力が欠けているときに起こりやすいと言われています。そのため、注意深く集中して業務を遂行しなければなりません。看護師は感染症にかかりやすいい環境下で仕事をするので、病院全体で対策を練るだけでなく、各個人でも感染症から身を守ることが重要です。

タグ

サイトにタグがないため、現在ここに表示するものはありません。

カテゴリー

  • カテゴリーなし