流行型感染症によって需要が増す資格について

新型コロナウィルのような感染力の強い流行型の感染症が問題視されている中、看護師の間で注目を集めているのが感染症対策の最先端で活躍できる資格の存在です。感染症対策に関する資格を取得しておけば、自身の身を守れるだけでなく、自分の持っている専門知識や技術によって感染症の拡大を予防できます。したがって、キャリアアップの際におすすめしたいのが、「感染管理認定看護師」という資格です。

感染管理認定看護師は、認定看護師の中でも人気が高い資格の一つで、感染症対策を行うエキスパートを目指すことができます。認定看護師の資格取得は難易度が高く、簡単には取得できませんが、感染管理認定看護師の資格を取得できれば、感染症が発生した時はもちろんのこと、感染症が発生する前の段階から、病院内の衛生管理の指導や計画の立案などに携われるので、患者や職場を守るという大きなやりがいを感じられるでしょう。しかも、資格を取得しておくと、転職の際にも有利になり、好条件の職場を見つけることができます。

また、感染管理認定看護師以外で看護師向けの感染症対策に特化した資格といえば、「感染症看護の専門看護師」というものもあります。こちらも感染管理認定看護師と同様に感染症対策のエキスパートとして活躍できる資格であり、地域の感染症対策の最前線に立って幅広い活躍ができます。やはり資格取得は簡単ではありませんが、専門性を極めたい方にはおすすめです。

タグ

サイトにタグがないため、現在ここに表示するものはありません。

カテゴリー

  • カテゴリーなし